Shopify Tips – Themes テーマについて

どうも、渡辺です。

Shopify第2段です。「Shopify」を最初に利用するとき、Wordpressと同じような感じで「テーマ」を選択し、それをベースにサイト構築を行っていきます。その「テーマ」について少し紹介します。

2020.07.18現在、Shopifyのテーマについては、公式サイトに「無料 9点」「有料 64点」の合計73点が登録されています。

Shopify Themes トップページ
https://themes.shopify.com/Google翻訳 英⇒日)/ テーマ一覧

日本法人も設立され少しづつローカライズされてきていますが、やっぱりまだまだ大半は英語ですね。

一覧ページの項目をGoogle翻訳で翻訳しながらも見れますが対訳リストを自分用に作成しておいたので何かの参考になればと思い掲載しておきます。

Price 価格
Free 無料
Paid 有料
Number of products 製品数
Single product 単一の製品
Small catalogs 小さなカタログ
Medium catalogs 中型カタログ
Large catalogs 大きなカタログ
Layout style レイアウトスタイル
Wide ワイド
Grid グリッド
Collage コラージュ
Editorial 社説
Row
One page 1ページ
Product page 製品ページ
Tabs タブ
Image zoom 画像ズーム
Size chart サイズチャート
High-definition images 高精細画像
Gallary ギャラリー
Related products 関連製品
Home page ホームページ
Slideshow スライドショー
Header slideshow ヘッダースライドショー
Slideshow with video ビデオ付スライドショー
Collection grid コレクショングリッド
Customer testimonials お客様の声
Parallax effect 視差効果
Video ビデオ
Navigation ナビゲーション
Sidebar menu サイドバーメニュー
Horizontal menu 横メニュー
Multi-level menu マルチレベルメニュー
Multi-column menu 複数列メニュー
Slide-out menu スライドアウトメニュー
Marlketing and social media マーケティングとソーシャルメディア
Marketing popup マーケティングポップアップ
Promotional banner プロモーションバナー
Twitter feed ツイッターフィード
Disqus blog comments Disqusのコメント(https://disqus.com/
Industry 業界
Art & photography アート・写真
Clothing & fashion 衣料品・ファッション
Jewelry & accessories ジュエリー・アクセサリー
Electronics エレクトロニクス
Food & drink フード・ドリンク
Home & garden ホーム・ガーデン
Furniture 家具
Health & beauty ヘルス・ビューティー
Sports & recreation スポーツ・レクリエーション
Toys & games おもちゃ・ゲーム
Other その他

 

無料」と「有料」どちらがいいんでしょうね。

■有料のテーマの特徴

有料のテーマの特徴としては

  • 2種類~4種類の抱き合わせ販売で価格は100ドル~180ドルです。
  • 無料テーマについての「制作・サポート・アップデート」は「Shopify」がやっていますが、有料テーマについてはサードパーティー(別会社)が行っています。
  • 無料テーマは標準で「日本語メニュー」の設定がありますが、有料テーマは基本英語なので独自で日本語化する必要がある
  • ある程度の業態、販売品目を想定してオプション項目のメニューが作られている
  • 公式テーマ以外にもいろいろテーマが販売されている

といった点です。有料テーマの「英語⇒日本語」については無料のテーマの対訳を見ながらおおよそはコピペで行けるのでそんなに苦じゃないです。わからないのもGoogle翻訳である程度対応できますし、ショッピングカートで使われる英語という点でおおよそ日本語訳が想定できます。個人的に気になったのは、サードパーティーの制作したテーマを利用していて、もしその会社が開発をやめてしまった場合、その後のアップデートは対応してもらえるのか、という点です。まぁ、おそらくその辺は契約書を撒いているはずなので利用者が困らないようにShopifyも対応してくれていることを信じましょう。

「公式テーマ以外」が存在するのはWordpressも同じです。こういうテーマの利用についてはどうなんでしょうね、個人的には「開発やカスタマイズをガツガツやりたいって人」にはいいと思いますが、「メニューをいじってサイトを作って行く予定です」って人は無難に公式のものがいいかなと思います。

 

Shopifyのヘルプセンターにテーマに関する説明が乗っていたので記載しておきます。

Shopify ヘルプセンター「オンラインストアのためのテーマ」
https://help.shopify.com/ja/manual/online-store/legacy/using-themes

あとは、こちらの記事も参考になりましたので紹介しておきます。

Shopifyのテーマを決定する前に絶対に注意すべき3つのポイント
https://blog.t-rnd.com/blog/shopify/theme

 

一番のオススメとしては、

1.14日間の無料体験を申し込む(あらかじめ登録する商品情報(写真・テキストなど)を数十点用意しカテゴリー分け等もしておく)
2.無料のテーマをかたっぱしからいじり倒す
3.無料でどうしても事足りない場合は有料テーマを購入する
4.各テーマ、機能が大きく異なるので、それぞれ何ができるかをきちんと確認する

これだけやって、有料プラン契約に臨むなら失敗することもおそらくないでしょう、って思います。

    Shopify Tips – Themes テーマについて” に対して1件のコメントがあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です